大きくする 標準 小さくする

2019年10月02日(水)更新

e-teamの同一労働同一賃金の歴史

同一労働同一賃金
いよいよ始まりますが
さてどうなることやら


まずは自分の事務所から
ひとつひとつチェックしてみるものの
今のところは問題がないかんじ
数年前からずっと時給で見ている。
どうしてそうなったか振り返えるとそういう背景がある。
 

月給者と時給者がいる上、
月給者も短時間の者もいる
だんだんわからなくなって、
所定労働時間で月給を割り
時給換算して運用してきた。
 

新しい法律では「不合理はダメ」になっているが
社員だからと何もできないのに何でもしない子がいたり
パートだからと責任をとらなかったり
仕事の出来と時給がバランスが悪いことでイライラしたりと(私が)
私自身いろんな不合理を感じ
職務の等級表を作って
なぜこれだけのことを求めるのか
給与と仕事を説明できるよう
整理してきた。


生活に必要だからと生活給的なことを言われたら
じゃあ、これだけの仕事量をやってほしい
と求めてもそれはできない子もいた。

時間給単価と仕事の出来をいい配分で
上がっていったスタッフは健在だし
アンバランスを欠いたらどっちかが不満になり
辞めたり辞めてもらったりしてきた。
いい思い出だけでもないし、いまが完成形でもないが
結果今はこんなかんじだ。


同一労働同一賃金というと小難しいが
能力や職務に応じた賃金が支払うことが出来たら
能力や職務に応じた仕事ができたら
能力や職務について共通の認識ができたら
ハッピーじゃないかと思うのですがいかがでしょう。


【e-team  facebookページ】
~オフィスで出来る整理・整頓・清掃のヒントがいっぱい!~
時・空・間の質を高める「オフィスの3S」
http://www.facebook.com/e.team.3s


【第2木曜日 事務所見学会&オフィスの3S講習会開催】
~どうやって3Sを進めて行ったらいいのか、実際の現場にてお伝えします~
http://www.e-team.jp/business/consul/retiring.html

【The Outward Mindset(New 箱セミナー企業研修)】
~マインドセットをうまく扱えなければ組織の変化は行き詰る~
http://www.e-team.jp/business/lacture/hako.html