大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


パスワードの別送信

投稿日時:2018/09/09(日) 19:26rss

メールで個人情報のはいった添付書類は
パスワードを付けて送る。
 

事務所ではそういうルールになっていますし
受け取るメールも
そうされているところが多いです。
 

このパスワード
よく、自動で送られてくるものがあります。
 

2度送るの面倒なので
いいなとも思うのですが、
 

でもこれって、パスワードの意味なくない??
と疑問です。。
 

パスワードは
解読されないよう
桁数や使用文字も大切ですが
それ以上に、中小零細企業で起こりがちなことは
誤送信
と思うんですよね。間違った宛先におくっちゃったら
「あーーーまってーーーーー」大変です。
 

メールを送って
「あ、添付わすれた!」
ってことありませんか?
 

だいたい、送信ボタンを押したときに
「あ!」が多いんですよね。
 

だから2回、宛先を選択することには
意味があると思うんです。


でも自動送信って
同じアドレスに送るわけだから
宛先をもし間違っていたら、
パスワード意味なくない?
 

て思うんですけど。。
誰か教えてください。。


とりあえず「あ!」の誤送信がやっぱり気になるんで
2度送りなんですよね。。
LINEでパスワード送ることもありますが、
お忙しい方は整合をとるの面倒ですしね。。


こちらも見る側も手間をなくし
かつ、安全に


セキュリティーって
と効率はなかなか比例しないもんです(汗)

 

【e-team  facebookページ】
時・空・間の質を高める「労務de3S」
http://www.facebook.com/e.team.3s


【第2木曜日 事務所見学会&オフィスの3S講習会開催】
http://www.e-team.jp/business/consul/retiring.html

【The Outward Mindset(New 箱セミナー企業研修版)】
マインドセットをうまく扱えなければ組織の変化は行き詰る
http://www.e-team.jp/business/lacture/hako.html

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
f4baa5a08e0b8730a60e0e1f43c81ae0.png?1537817947
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

顧客の職場環境をより良く働きやすく整えます ホームページ【e-team】   http://www.e-team.jp/ facebookページ【労務の3S】 http://www.facebook.com/e.team/

詳細へ

個人プロフィール

奈良県生まれ大谷大学短期大学部卒業転職4回(大阪にてベアリングメーカー、広告代理店、建設業等勤務 高松にて会計事務所勤務、平成11年社会保険労務士試験合格 コンサル・社会保険労務士事務所にて勤務)2001年9月仲井京子社会保険労務士事務所開業2006年4月有限会社e-team設立2007年よりAB...

詳細へ

<<  2018年9月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「人を育み 利益をもたらす『会社を強くする習慣』古芝さん出版パーティー from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 「熊本震災復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」にお招きいただきました! 「人を育み 利益をもたらす『会社を強くする習慣』を出版された古芝さん、おめでとうございます! 全国から青森から沖縄まで古芝さんファンの縁者がお祝いに駆けつけ素晴らしい古芝さん らしい宴となりました。 出版された印税はすべて
  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい